ものづくりの専門家が集まるデンマークのゲストハウス「Tolne Gjæstgivergaard」

ABOUTこの記事をかいた人

南デンマークと冒険を愛する北欧ツアーコーディネーター。日常のささいなことを綴っています。

海外に住みながらものづくりをしたい、そして自分のスキルがどこまで通用するのか試したい。しかしお金がない。

今回は、そんな方のために自分の専門性のある分野でボランティアする代わりに無料で長期滞在できるゲストハウスを紹介します。

デンマークの北ユトランド半島にある陶芸スタジオ兼ゲストハウス「Tolne Gjæstgivergaard(トルネ ゲストギアゴー、以下Tolne GGG)」です。

グラフィックデザイナーの妹が今年の春休みに滞在し、つい最近日本語版のウェブサイトを制作しました。身内のサイトなので大人げなく宣伝します(笑)

Tolne GGGでは、グラフィックデザイナーや陶芸家、建築家や家具職人など「何かを作る」ことに長けた人たちが集まり、ゲストハウス内で共同生活を送りながらそれぞれの特技に合わせた制作プロジェクトを行います。

Tolne GGGでの共同制作

たとえば、ゲストハウス内にカフェを立ち上げたり、日本とデンマークをつなぐ音楽制作をしたり。デザインやWeb制作、プログラミングなどのスキルもここでは強いですね。

オーナーのグレゴリーは日本で陶芸の修行をつんでおり日本語が堪能なので、英語がペラペラでなくても意思疎通はできます(もちろんボランティア同士のコミュニケーションは英語になりますが)。だから、語学力にあまり自信がないという方もまずは臆せず問い合わせてみると良いでしょう。

Tolne GGGは、2018年度はまだまだボランティアを募集しています!興味のある方はサイトのこのページをチェックしてみてくださいね。→「JOIN US 訪ねてみたい」で募集要項を見る

近いうちに私も取材してみたいと思っています。日本には才能あるクリエイターがたくさんいるので、ぜひそういう方がスキルを活かせる場として広まってほしいですね。

関連記事:滞在費0円。Workawayの海外ボランティアで見つける新しい旅のカタチ

スポンサーリンク