2回のデンマーク留学で気が付いた、「海外留学」の本質

ABOUTこの記事をかいた人

ローカルな旅と南デンマークを愛する北欧ツアーコーディネーター。毎日をちょっと特別に。

    「海外留学って何のためにするの?」

    母に留学をおすすめされた高校2年生の私はそんな疑問を持つこともなく、重い荷物をかかえてデンマークに飛び立ちました。

    海外に行く理由は、たとえば語学習得、視野を広げる、自分の殻をやぶるなどですが、それだけじゃありません。

    私が高校と大学でそれぞれデンマークに留学してわかった、海外留学の本質。

    それは「国が違えど同じ人間で、変わりはない」という考えを育てることでした。

    なんでこんなシンプルなことに今まで気が付かなかったのでしょう。

    1回目の留学はカルチャーショックばかり

    最初の海外留学は、高校生の時の1年間のデンマーク留学です。

    南デンマークの田舎でホストファミリーと暮らし、現地の高校(ギムナジウム)に通ってがっつりデンマーク語で授業を受けるという、ものすごいローカル体験でした。

    はじめての海外長期滞在だったからすべてが新鮮で刺激的でしたね。

    まだ若かったせいか1年間でめちゃくちゃ海外に染まりました。
    服はシンプル。可愛いよりセクシー。外国人の方が付き合いやすい。洋楽バンバン聞く。

    海外かぶれMaxです。

    若いうちの留学って、いい意味でも悪い意味でも人を変えますね(汗)

    この時点では、日本との違いにばかり目がいっていました。

    帰国して逆カルチャーショックでしたよ。
    日本人シャイすぎるだろ?とか、男らしくない!とか。

    まぁ全部私の偏見だったんですけどね。

    多国籍な環境で暮らしてみて初めてわかったこと

    2回目の留学は、IPCというフォルケホイスコーレへの短期留学です。
    当時は20歳の大学生でした。

    ホイスコーレは誰でも入れる全寮制の学校で、さまざまな国から来た人が共に暮らし学びます。
    高校を卒業したばかりの若者から、40代後半まで。

    ▼ホイスコーレでの体験について

    そんな人たちと暮らしてみると、文化や育ってきた環境の違いはあれど、基本的に生活するうえではどの国の人も変わりがないことに気が付きました。
    誰かの言葉を都合よく借りると「人類、みな兄弟」です。

    学校の掃除や、食事の後片付けなどをグループでやる時。
    先生が赤ちゃんを連れてきたら自然とニコニコになる時。
    国をこえて恋愛をする時もそうですね。

    私も学校に来ていたハンガリー人と恋愛的な感じになったりしましたが、別に日本人と恋愛するのと変わらなかったですよ。なんとなくニュアンスで伝わるものです。

    いろいろな国から来た人たちと一緒に過ごしていく中で、たとえばイスラム系の人は怖い!とか決めつけるのが馬鹿馬鹿しくなりました。

    個人的にステレオタイプジョークは好きですよ!
    ただ、差別とは違います。

    日本でたまに見る他の東アジア人差別とかね。どの国の人でも良い人と悪い人がいるでしょう。

    広い世界に出たら、「国籍」なんて関係ありません。
    今時そんな狭いところで争っている場合じゃないんですよ。

    この人は〇〇人だから~ と決めつけて思考停止してる。
    それで、他のアジア諸国に比べて日本はまだ優秀だと慢心している人が多いから、どんどん経済的にも教育的にも抜かれていくんですよ~。

    大事なのは、国に関係なく人格だと思います。

    1回目の留学だけなら、きっとデンマークの思い出が新鮮で楽しいだけでこうは思わなかったでしょうね。

    最終的に目指すものは平和だ

    私は海外に出てからはじめて「国で人を見る」という考えがなくなりました。

    さまざまな国の人に接する環境があれば、留学国がデンマークじゃなくてもこの考えはたどり着いたんじゃないかな。
    賢い人なら日本にいても理解できるし。

    別に同じ人間だから周りの人すべてと仲良くしよう!とか言っているわけじゃありません。
    ただ、人格を見ることで少しでも無駄な差別を減らしたいから書きました

    私から見たらデンマーク人も日本人も変わりません。今はドイツに住んでいますが、ドイツ人だって日本人と変わりません。
    変わるのは個人だけですね。

    若い人には特に、色んな人とつながってほしい。

    個人と個人がつながることで、少なくともつながった相手がたまたま「私がいる日本」に興味を持ったり、好きになったりしてくれることがあります。

    そんな小さいところから平和を目指していけたらいいな、と思うのでした。

    人が国境も人種もこえてつながるチャンス。
    それこそが海外留学ではないでしょうか。

    最後に、以前Facebookに載っていた動画をシェアします。

    自分にどの国の人のDNAが入っているか検査するもの。
    英語音声+英語字幕です。