【徹底解説】ドイツ第二の都市・ハンブルクでの住民登録の方法

ABOUTこの記事をかいた人

ローカルな旅と南デンマークを愛する北欧ツアーコーディネーター。毎日をちょっと特別に。

私がドイツに来て最初に苦労したことが住民登録(Anmeldung)です。

ドイツに着いたばかりじゃ何もわからないし、結構めんどうなんですよね。ドイツ語でしかほとんど情報がない(ハンブルクの場合)とか、なかなか予約できないとか、人によって言うことが違うとか。

同じように不便を感じる人も多いのではないでしょうか。

といっても、ベルリンの住民登録の方法は情報がたくさんあるので、今回はハンブルクでの住民登録のやり方を懇切丁寧に書いていこうと思います。

住民登録はドイツに3か月以上住むなら必須ですからね!早めにしておきましょう!

※私はワーキングホリデービザを日本で事前にゲットしていたため、この記事ではビザを事前に取得していることが前提になります。

住民登録に必要なもの

申請用紙(Anmeldeformular)

こちらからダウンロードして印刷するか、役所で直接もらえます。

住んでいる家の大家さんが記入する箇所も含め、予約当日行くまでにすべて書き終わっているのが理想的。
一番下に手書きのサインが必要です。

残念ながら今の時点でハンブルクの申請用紙はドイツ語しかありません。

単語がわからなかったらいちいちGoogle翻訳にかけるか、ドイツ語ができる方に聞いてみてください。

賃貸契約書(Mietvertrag)

Wohnungsgeberbestätigungともいう。

基本的には大家さんが記入し、手書きのサインをします。

これは大家さんとのやりとりになるので、どうやって入手するのか聞いてみるのがベストですね。
すでに用意していてくれている時もあれば、逆にこちらで市販のものを用意しておく時もあります。

10/12 追記:探したら自分で印刷可能でした!こちらからダウンロードできます。

私は当日使うことはなかったのですが、窓口によっては使う場合もあるようなので、用意はしておくべきです!

身分証明書(Ausweis/Pass)

ドイツに着いたばかりでほかに証明書がない場合、パスポートがいいでしょうね。

12ユーロ

住民登録の際に払います。
必ず現金で持っていきましょう。

住民登録ができる場所

ハンブルク各所のカスタマーセンター(Kundenzentrum)です。

住民登録は、自分が住んでいるエリアである必要はなく、ハンブルク内であればどこでも可能です。
ただし、絶対に事前予約が必要なので注意!

個人的な経験として、以前カスタマーセンターの担当の人に「予約しないで来ても大丈夫だよ~」と言われて、必要書類を持っていったら違う担当に予約ナシは受け付けられないってつっぱねられたことがあります。

予約はだいたい混みあっていて、時期によっては2か月以上先になることもあるので、できるなら日本出発前に予約だけしておくといいかもしれません。

予約の手順(オンライン)

住民登録の予約はここからオンラインですることができます。

リンク先に飛ぶと、まずはこんなページが出てくるはず。

ハンブルクでの住民登録

切り取り雑か!
ワーホリの場合や、ドイツで特に身分証明書を持っていない場合はパスポート(Reisepass)を1つ選択します。

Meldewesenは、登録の場合は上のAnmeldung bei Zuzug nach HH~というものを選択します。

Sonstigesは、犬の登録や国際ライセンス登録などが特になければ無視して次へ。

住民登録オンライン予約

各地のカスタマーセンターと、一番早く予約がとれる日程が表示されます。住所一覧が載っていますので、自分の家から行きやすい場所を選びましょう。

繰り返しますが、ハンブルク内であれば住む場所の区画に関わらずどこでも住民登録できます

窓口を選択したあとに、日にちと時間を選択するページがそれぞれ出てきますが、これはわかりやすいので画像は省略で。

時間まで選択したら、下のページが出てきます。

住民登録オンライン予約2

最後に自分の情報を入力します。
呼称(Anrede)は男性ならHerr、女性ならFrauを選択しましょう。Nameはフルネームで。

電話番号(Telefon)の下のチェックボタン(Ich akzeptiere~)には、チェックを入れておきます。

すべての入力が終わり、右側の自分の予約の日程や場所を確認したら、下の青いボタン(Reservierung abschliessen)を押して予約完了!

予約内容が記載された確認のメールが送られてきます。

10/12 追記:予約日程を変更する場合は、一度キャンセルしてから再度予約し直しましょう。予約確認・キャンセル用のリンクは確認メールに記載されています。

予約当日の流れ

オンラインで予約したカスタマーセンターに行くと、整理番号を渡されます。

待合室の画面に自分の番号がうつされたら、担当するデスクにGOです。
そこで必要資料をすべて提出し、いくつか質問されることも。

たとえば、今までドイツの他の街に住んでいたかとかの確認ですね。

最後に登録料12ユーロを払えばその場で住民登録が完了します。
当日の流れは簡単なんですよ!

それにしても、ハンブルクはドイツ第二の都市で日本人もそこそこいるにも関わらず、日本語での情報が少なすぎる気がするのは私だけ?

クリエイティブな情報発信をしている人はベルリンに多いイメージです。

ハンブルクにいる期間はあと少しだけど、すこしでも役立つ情報を届けられたらいいな。

ではまた~