お金や語学力、生活のこと。フォルケホイスコーレ留学のよくある質問に答えます

ABOUTこの記事をかいた人

南デンマークと冒険を愛する北欧ツアーコーディネーター。日常のささいなことを綴っています。

    デンマークの成人学校フォルケホイスコーレ。試験や資格がなく、18歳以上は誰でも入学できる全寮制の学校と言われていますが、まだまだ世に出る情報は限られています。

    今の時点では、興味があっても留学中の人や、留学経験者の生の声を聞ける機会もあまりない状態です。

    そんな場所だからなのか、最近はフォルケホイスコーレ(以下ホイスコーレ)に行きたいと考えている方からのお問い合わせが増えているので、留学経験者としていくつか共通して答えられることに関してはこの記事で答えていきたいと思います。

    あくまで個人の意見ですので、一例として見ていただければと思います。

    ▼私のフォルケホイスコーレ体験はこちら

    迷える大人には、デンマークの成人学校フォルケホイスコーレ留学がおすすめ

    【体験談】フォルケホイスコーレIPCはおすすめ?勝手に評価します

    留学前の準備編

    留学した学校と留学期間は?

    大学生のとき、授業がすべて英語で行われるホイスコーレInternational People’s College(IPC)に3か月弱留学しました。

    大学2年時の後期を半年間休学して、夏の間はお金を貯め、10月から12月末まで留学しています。

    入学時に資格や英語スコアは必要?

    基本的には必要ありません。高校を卒業した18歳以上で、有効なビザがあれば誰でも行けます。私の場合、入学のアプリケーションには英語で短いエッセイを書きました。

    IPCの入学申請についてはAPPLY – IPCを確認してみてください。

    どのビザで留学する?

    学生ビザやワーキングホリデービザなどありますが、個人の状況によります。ビザ周りの情報は常にアップデートされ続けており、一個人が無責任に答えられませんので、これはぜひ大使館に問い合わせてくださいね!

    私は90日間有効な観光ビザでホイスコーレ留学をしたので、他のビザのことはわかりません。

    いつ頃から準備し始めた方がいい?

    私の場合は、大体出発の5か月ほど前から準備を始めましたが、半年前にはもう始めておくことをおすすめします。

    準備は、具体的には入学手続き、(3か月以上の留学なら)ビザの取得、海外保険への加入、貯金、語学力の向上などがあるため、早め早めに準備すれば後が楽になります。

    お金に余裕があるということと、語学力があるということは、留学中の精神の安定という意味でとっても大切です。

    お金はどれくらい用意するべき?

    私がホイスコーレ留学時に使った金額は以下の通りです。

    • IPCの秋の10~12週間留学で約32万円
    • コペンハーゲンと成田空港の往復航空券約12万
    • 現地での雑費・娯楽費7万

    合計50万円ちょっとですね。フォルケホイスコーレ留学の料金には、授業料、食費、宿泊費が含まれているため、現地に行ってからはほとんどお金を使いません。

    半年間の留学なら70万円くらい、1年ならその倍あれば(お金の使い方によりますが)心に余裕を持って生活できるのではないでしょうか。

    近年は海外にいながら誰でもWebライティングやITスキル、投資などPCでお金が稼げる時代になってきているので、活用してみるといいかもしれませんね。

    渡航前の英語力とデンマーク語力はどれくらい必要?

    留学時には、すでに英語でコミュニケーションができた方がいいと個人的には考えています。今まで英語に触れてこなかった方や海外が初めてという方には厳しいかもしれませんが、少なくとも簡単な日常会話ができて、授業を理解できるくらいは。

    TOEICでいうと目安は600点以上でしょうか。自分が頭で考えていることを、相手に理解できるように英語で伝えられると十分なのですが、これが簡単そうで意外と難しい。

    しかし勝手ながら、「自分はそんなに英語力がないから留学は無理かなぁ。」とは思ってほしくありません。留学時期を決めたら、それに向けて、何でもいいので英語に触れておくことをオススメしたいのです。

    授業は理解できた方がいいし、四六時中周りが何を言っているかわからない環境に身をおくのは、案外ストレスなので。

    デンマーク語力は、あると現地の人に大変喜ばれます。ただ、留学先のホイスコーレでデンマーク語での授業が必須でない限り、おそらく基本的に留学生がデンマーク語を話すことは期待されていない印象です。

    目的がホイスコーレ留学のみなら、デンマーク語は基本的な挨拶を覚えていく、くらいでいいかもしれませんね。

    語学力アップのために留学前にできることは?

    英語初級者なら、質より量でとにかく毎日英語に触れていることが大切です。独学なら、ありきたりですが音楽をきくとか、洋画を観るとか。海外Youtuberをフォローして動画を見るのもとってもいいですよ。

    あとはHello Talkアプリで海外の友達を作って話したり、Lang-8で英文の添削をしてもらうといいと思います。無料でも英語を勉強する方法はいろいろあるので、自分に合う方法を探してみてくださいね。

    授業のターム以外の期間には留学できる?

    学校側がウェブサイト上で打ち出している期間外は学校が閉まっていることも多く、留学は難しいかもしれません。

    期間中に途中参加したいとか、帰国を早めたいということでしたら直接学校に連絡をしてみるといいと思います。

    学校選びはどうしたらいい?

    IFAS等のウェブサイトで探したり、ビネバル出版さんに相談してみたりすることをおすすめします。

    留学中の生活編

    どんな生徒が来てた?日本人は多い?

    IPCには18歳~50代の生徒がいましたが、多かったのはやはり20代です。

    生徒は本当に多国籍で、アジア系からヨーロッパ系、アフリカ系などさまざまでな人が個人的な目的を持って来ていました。逆にデンマーク人は少ない学校だと思います。

    日本人は、私が行ったタームには18人いました。ただIPCは日本人が他の学校と比べて特に多いとされていますので、他の学校はもっと少ないかと。日本人のいない環境に行きたいなら、コペンハーゲンから離れた地方のフォルケホイスコーレの方がいいですね。

    どんな授業があった?

    デンマーク語、上級英語、紛争と平和についてのディスカッション、チームビルディング、映画、コーラス、演技、アフリカンダンスなどでした。

    他の時期だとジャーナリズムや歴史などもあったようですね。同じ学校でもタームとその時にいる教師陣によって授業が変わります。

    授業の質は?

    個人的には興味深いものが多く、周りの生徒もしっかりと議論する人が多かったので質が低いとは感じませんでした。

    基本的に生徒自ら率先して行動する授業が多く、それぞれ自由に動くことも多いので、アカデミックな授業を期待している方や、知見を得ることを目的としている方にはゆるくて物足りなく感じるかもしれませんね。

    授業外のアクティビティは何がある?

    授業外のアクティビティは、特に学校の色が強く出る部分だと思います。IPCで特徴的なのは、それぞれの国のグループが文化を紹介するCultural Evening(文化の夕べ)ですね。

    他には1週間、学校外で活動をするExcursion Week(遠足週間)や、各国の選挙前の全員ディスカッション、アート系の授業で積み上げたものを発表するパフォーマンスナイトなどです。

    地元のロータリークラブを訪問したり、デンマーク人家庭で一緒にご飯を食べたりする機会もありました。

    ルームメイトと気が合わなかったらどうする?

    フォルケホイスコーレは寮制の学校なので、ルームメイトがいます。

    カップルで入学している場合や、強い希望がない場合は自動で部屋が割り当てられますが、ルームメイトとは文化や価値観の違いで、気が合わない場合もあります。

    IPCでは当時、希望と部屋の空きがあれば、部屋を変えることが可能でした。留学中に新しくカップルになって一緒に住みたいとか、どうしてもひとりの時間が欲しいとか、事情がありますので。

    どうしてもという事情があるなら、学校に相談してみることをおすすめします。せっかくの留学生活、できるだけ快適に過ごしたいですものね。

    パーティーが多いって本当?

    フォルケホイスコーレの全体的な生徒の年齢層は低く、パーティー文化を持っている生徒は多いように感じます。日本人の生徒はわりと若くても落ち着いている人が多い印象でした

    週末のクラブはもちろん、なかには平日から飲んで、パーティールームで踊っている人も。ノリが若いとか文化の違いを感じることも含めて海外生活です。そこに適応して一緒に楽しむか、自分を貫くかはその人次第。

    荷物や洋服はどれくらい必要?

    季節をまたぐのなら話は別ですが、基本的に洋服は1週間分あれば十分でしょう。好きなタイミングで洗濯できますし、現地で調達できます。

    全体の荷物は、私は20kgスーツケース1つとリュックのみでした。身軽に行きましょう、身軽に。

    自分を見つめ直せるって本当?

    フォルケホイスコーレに行けば必ず自分のやりたいことが見つかるか、方向性が定まるかと言ったらそんなことはありません。授業や学校のカリキュラムに対して、過度の期待はしない方が吉です。

    ですが授業のあとには確かに時間がありますし、自分でアポイントを取ればデンマークの他の団体を訪問したりもできます。結局は、留学中に自分がどれだけ行動し、人と接して、学んだことを昇華させるかにかかっています。

    フォルケホイスコーレ留学は、ひとつの良いきっかけと考えて行きましょう。

    最後に

    いろいろな質問に答えてみましたが、いかがでしたでしょうか?

    他にも質問があれば、また追加したり別記事を書いたりしたいと思います。

    ではまた!

    スポンサーリンク