オスロの街の魅力がMVで伝わる!ノルウェーの若きシンガー

ABOUTこの記事をかいた人

ローカルな旅と南デンマークを愛する北欧ツアーコーディネーター。毎日をちょっと特別に。

北欧の音楽って、あまり私たちの年代だと有名ではないですよね。スウェーデンからはABBAなどの大物歌手がいるし、アイスランド出身のシガーロスやムームなどはいいと思っているのですが。後半2つはいかにも寒いところで生まれた音楽という感じがあります。

デンマークでは、留学時代にMedinaとNick&Jayをよく聞いてました。特にMedinaは歌詞が聞き取りやすいのでデンマーク語の勉強になります。

さて、最近見つけたのが、Morgan Sulele(モーガン・スーレラ?)という歌手でした。

ポップで軽やかな曲調と優しげな歌声が魅力的です。それに加えて注目したいのは、彼のMVの中に盛り込まれているオスロの風景。

彼の一番有名な曲 “Bare min”(僕だけのもの)をお聞きください。

曲のはじまりからそうなのですが、公園やビーチなどでデートをする夏の開放的な雰囲気が伝わってきたでしょうか。彼は別に街の魅力が伝えたくてこの曲を作ったわけではないかもしれませんが、個人的にツボです。

北欧に行くならやっぱり夏が最高だな~。

歌詞の内容は、自分は3人の女性とそれぞれデートをしておいて「君が欲しいものはなんでも言ってよ、君が僕だけのものである限り(叶えるよ)」的なことを言っています(笑)

ちなみにMVの中ではかなり大人っぽく見えますが、Morgan Suleleは93年生まれのまだ24歳(または23歳)。2013年から活動を始めたばかりですが、このbare minという曲でノルウェーのチャートで1位を取ったこともあるんですよ。

そして、これが彼の最新曲です。タイトルそのまんまですね!

Høyt over Oslo(オスロの上を高く)”で、曲の中では「この街(オスロ)は小さすぎる。だから上空を高く舞うんだ~」と歌っています。

普段の街の風景や夜景などを早送りで駆け抜けてます。曲調といい演出といい、オシャレか!!!作業用BGMに良さそうですね。

これからぜひ伸びてほしいシンガー、Morgan Suleleの活躍をお楽しみに!

それにしても、オスロに高層ビルなどがあるということは知りませんでした。デンマークじゃ高層ビルからの夜景を楽しむなんてことはできませんし、なんだか新鮮です。

実は今月後半に私も人生初めてノルウェーに飛び立つので、今から楽しみです。

他にも面白そうな北欧の歌手がいたらまた紹介しますね。

もし知っている人がいたら教えていただけると助かります!

ではまた~