デンマーク人の独特なあいづちに戸惑うことなかれ

ABOUTこの記事をかいた人

ローカルな旅と南デンマークを愛する北欧ツアーコーディネーター。毎日をちょっと特別に。

    デンマークで生活していて、これ私だけ?とずっと思っていたこと。

    彼らは、あいづちが独特だ。英語圏の人のようにahaとかuh-huh?とかではない。すごくハッキリしているか、ノオオォ!と言うか、息を吸うかの3パターンである。

    デンマーク人の独特なあいづち3パターン

    これだけだと意味がわかりませんね。デンマーク人と話しているときに思わず気になってしまう独特なあいづち3種類をを、具体的に見ていきましょう。

    1. YesとNoを連発する

    話を聞いているときに、相手の目をじっと見つつ、デンマーク語のヤ(Yes)とナイ(No)を多発する。気づいていない方が多いのですが、ほとんどのデンマーク人がやっています。

    たとえば「日本って島国で~」と話し始めると「うんうんうん(Ja, Ja, ja)」これはわかります。もうすでに知っていることに対してですね。

    ですが、初対面であまり相手のことを知らないのに「私は〇〇が得意じゃなくて~(I am NOT good at~)」という発言に対しても「そうだね(Nej, Nej, nej)」と同意されてしまうことも。

    思わず私の何を知ってるねんとツッコんでしまうこともあります。

    近しい関係でお互いのことをわかっているならいいのですが、初対面でネガティブな面を認められてしまうと若干のショックがありました(笑)デンマーク人自身は、全然そんな気はないんですけどね!

    他にも相手の言っていることにたいして、同意する場合などに「ヤ」と「ナイ」は本当によく使っています。いい例が思いつかなかったのですが、下記の動画の0:35~0:40あたりのような感じですね。

    傷つくわけではないのでいいですが、知っていても知らなくてもとりあえずYesとNoを連発しながら話を聞くのは、デンマーク人のあいづちの特徴的だと思っています。

    2. デンマーク語の「ノ?ノオオオォ!」

    デンマーク語のあいづちには「Nå」というものがあります。発音はノとナの中間くらいなのですが、ここでは便宜上ノにしましょう。

    彼らは、この「ノ」一音でさまざまなことを表現できます。そうなの?と始めて聞くことに対しては「ノ↑?」と語尾(?)をあげ、ようやく理解できた!なるほど!ということなら「ノオオオォ!」とリアクションします。

    デンマーク人と会話すると必ず出てくるのでパターンは自然に覚えられるでしょう。参考までに、下記のリンクで音声つきでこの「ノ」のパターンを見ることができます。

    Copenhagen Language Center – The Danish word ‘Nå’

    3. 息を吸う

    デンマーク人は、話を聞いている時に短くJaと言いながら息を吸います。

    なんだそれ、と思った方は以下のコラムを見てみると少しわかりやすいかもしれません。

    ノルウェー語講師・青木順子さんのエッセイ:息を大きく吸って~!
    週末北欧部:北欧人のマネに注意

    どうやらこれは、デンマーク人以外の北欧人も共通のようです。逆に北欧以外では見たことがありません。

    特に、ある程度年齢の高い女性の方が連発するイメージですね。最初は戸惑いましたが、今は自分でも使ってしまいます。

    日本人の独特なあいづち?

    「日本人ってすごく頷くよね」日本に住んだことのあるデンマーク人に言われました。

    普通の会話ではもちろん、説明会や講演会などではとくに、話を聞いてますよ、ということを見せるために首を振っているそう(本当にこう言っていた)。

    たしかに会話の中で「うん、うん」といいながら頷いてしまいますね。しかし、改めて首を振ってるとか言われるとなんとなく恥ずかしいのはなぜ。

    別に違和感ないからいいやろー!私がこう思うように、デンマーク人も特にあいづちがどうとか気にしていないことでしょう。日常の中の小さな発見でした。

    ではまた~