【徹底解説】ハンブルクで使える1日乗り放題券はこう選ぼう

ABOUTこの記事をかいた人

ローカルな旅と南デンマークを愛する北欧ツアーコーディネーター。毎日をちょっと特別に。

ハンブルクでは、電車、地下鉄、バス、船まで共通の切符でのることができます。

ひとつの運輸連合がすべての公共交通機関をカバーしているので、とっても便利。

とはいえ、はじめてハンブルクに降り立った時は、まずどの切符を買ったらいいのか戸惑うこともあるかと思います。

通常の切符はたくさん種類があるのでここでは省きますね。

市内の色んな場所をいったりきたりする観光では、1日乗り放題券を買うと良いでしょう。

なぜなら1日のうちに交通機関を2回以上利用したら元がとれるからです。

利用しない手はありません。

どの駅にもある券売機や、主要駅の旅行センター(Reisezentrum)で買えますよ。

 

1日券にも種類が。どう利用する?

ハンブルクの1日券は、大きくわけて2種類。

TageskarteHamburg Cardです。

ここでは交通機関だけならTageskarte。

観光地のオプションや割引つきならHamburg Cardだとざっくり考えておきます。

 

Tageskarte

ハンブルク内の電車、地下鉄、バス、船が乗り放題の1日券。

値段一覧がこちら。

price

ハンブルクの交通は、それぞれどのゾーン(fare zone)までアクセスするかで値段がわかれています。

たとえば1-2 rings(rings AB)の場合。

水色で囲まれたBの範囲までは行っていいということになります。

rings

全体図は交通マップでご確認ください。

2ゾーン内で片道3.20ユーロすることを考えると、1日券を買って乗り放題にしてしまったほうがいいですよね。

 

早朝からまる1日観光するならAll Day Ticket7,60ユーロ)

朝9時以降からで良ければ9-am-Day-Ticket6,20ユーロ)を買いましょう。

 

ゾーンはどこまで選んだらいいの?という人へ。

主要な観光地はほぼ1-2 rings(ABゾーン)でカバーできちゃいます!

市庁舎、倉庫街、ショッピング通り、エルベ川付近、歓楽街レパーバーン等すべて範囲内です。

 

旅行者が2人以上の場合、一番右側の9-am-Group-Ticketを買うのがイチバンお得ですよ。

朝9時以降の乗車という条件の、5人までのグループ料金が11.80ユーロ。

 

一緒に買ってシェアしてみてください。

 

Hamburg Card

Tageskarteと同じく市内すべての交通機関に対応。

onedayticket

1日9,90ユーロで、最大5日分まで買えます。

滞在日が長くなるにつれてお得になっていくシステム。

ハンブルクの中でもかなり郊外までいく場合は、下2段のplus regionを選択しなければいけません。

しかし観光中心であれば1-2 rings (ABゾーン)だけで十分でしょう。

 

通常のTageskarteとの違いは、劇場や美術館、レストランなどがかなり割引になることです。

ひとつひとつの入場料を考えたらお得ですね。

特典一覧がこちら。Tageskarteとは違い事前にオンラインで購入することもできます。

 

ちなみに他都市では駅のホームで切符を打刻することがあるのですが、ハンブルクではその必要はありません。

有効な券を持って乗ることだけが大事です。

 

1日券比較まとめ

  • Tageskarte

1日7,60ユーロ(朝9時以降の利用なら6,20ユーロ)。駅の券売機で購入。

5人まででGroup ticketを買えば、かなり安上りです。

美術館や観光などの特典は特になし。

 

  • Hamburg Card

1日9,90ユーロ。券売機、チケットセンターまたはオンラインで購入。

1人1枚なのでシェアは不可。

観光地が値段に含まれていたり、割引だったり特典が多いです。

 

滞在の目的によって使い分けてみてくださいね。

たとえば1日目は観光地中心だからHamburg Card、2日目はTageskarteなんてのもアリです。

それでは、楽しいハンブルク滞在を願ってます!

ではまた~