何のためのデモ?ハンブルクでG20開催の反対運動をする人たちの声

ABOUTこの記事をかいた人

ローカルな旅と南デンマークを愛する北欧ツアーコーディネーター。毎日をちょっと特別に。

“WELCOME TO HELL”

これは今週ハンブルクで行われるデモ行進のコンセプトの一部だ。
いったいどんな意味で、こんな標語を使っているのだろうか。


7月7日と8日、私が住んでいるハンブルクで国際首脳(G20)会議がひらかれます。
安倍総理はもちろん、トランプ大統領やプーチン大統領などが一同にこの街に集まるのです。

それに伴って、サミット開催に反対するデモンストレーションが街中で活発化しているのも感じます。

そこで、現地に住んでいる自分なりに状況をまとめてみました。

同時に、以前から思っていたデモって何のためにするの?という疑問にも触れていきたいと思います。

G20サミットとは?

日本大百科全書から引用してみます。

G20とは、Group of Twentyの略称。世界的に重要な経済・金融問題を協議する国際会議、また、そのメンバーである20か国・地域をさす。
引用:日本大百科全書

端的に言うと、主要国の首相や大統領が一か所に集まって、年1回会議をすることです。

その会議の開催地が2017年はドイツのハンブルクに決まりました。

貧困問題や、ヨーロッパやアメリカで特に問題になっている移民・難民についてなども話し合うようですね。

トランプ大統領とプーチン大統領が何気に初共演ということで、注目を浴びています。

反対派は何に反対しているのか?

今回反対される理由としては主に以下のようなことが挙げられます。

  • ハンブルクでのG20開催への反対
  • 資本主義への反対
  • 新自由主義への反対
  • 地球温暖化対策への反対
  • 格差社会に対する反対

不満が爆発してますね。
国際会議ならではの問題もあります。

それとは別に、トランプ大統領の訪問に反発する声も大きいです。

トランプ大統領反対

“Kein Alster fuer Donald”
ドナルド(トランプ)に見せるアルスター湖はねぇ!といったところでしょうか。

ハンブルクにはリベラル派が多いこと、そしてトランプ大統領の度重なるドイツ批判により、あまり歓迎されていないムードですね。

ニュースにもなりましたが例えばこれとか。

米国は極めて巨額な対独赤字を抱えているうえ、ドイツが北大西洋条約機構(NATO)において支払っている軍事費は限りなく少ない。米国とって非常に好ましくなく、変えていく(訳:ロイター通信

ドイツで生活していると、アメリカ自体そもそも好きな人が少ないのではないかと感じます。

なのでG20開催が決まった時点から、大規模デモは予想されていました。

デモ行進をする理由は?

正直なところ、私は今までデモ行進やプロテスト活動に無関心でした。

暴動が起きたら危ないし関わらないようにしとこ、というスタンスです。

今回のG20サミットでは、もう開催が決まっているにも関わらず各地で反対のデモが起きています。いったい効果はあるのでしょうか。

以前一緒に住んでいたドイツ人女性が社会活動に熱心で、デモ行進にもよく参加しているような方だったので思いきって聞いてみました。

新樹みか
ちょっと聞きたいんだけどさ、デモって何のためにやるの?とくに、もう決まったことに対しては何か変えられるのかな?
ドイツ人女性
何か変えられるかはわからないよ。でも、この活動がニュースになることによって多くの人の目にとまるでしょ。
反対派もいるって知ってもらうことだよ。そこらへんは考えないで参加してる人もいると思うけど。
あとは、ダメなものには、ダメだという人がいないといけないんだよ。

何かが決定される時には、反対派の存在もあるということ。

それは発言や行動をしないと周りに気が付かれないということ。

当たり前のことでしたが、腑に落ちました。
これを大人数でやることに意味があるのでしょうね。

たしかにみんなが同じ意見でもそれはそれで危険なので、バランスが取れているというか。

今回のG20に対するデモのポリシーも”Eine andere Politik ist nötig(ちがった政治/方針は必要だ)”なので、彼女のいわんとしていることはわかる気がします。

それでも暴動やテロが嫌だから私は近づかないですけどね!

予定されているデモ一覧

7日と8日に開催されるG20サミットに向けて、デモ行進の予定をまとめてみます。

7月5日(水)
Global Solidarity Summit
Night-Dance demonstration

7月6日(木)
Global Solidarity Summit

International demonstration: “G20 – Welcome to hell”

7月7日(金)G20サミット1日目
Climate Action (Harbor)
Decentralized Actions around the summit

Block G20 – Color the red zone

Shut down the harbour! 
Youth Against G20

7月8日(日)G20サミット2日目
Mass demonstration “Unlimited solidarity instead of G20!”

特に大規模になると予想されているのが6日~8日のデモ。
会場のMesseはカオス状態でしょうね。

それにしてもデモの名前がすごい(二回目)
Welcome to Hell… 暴動はないとしても、攻撃的な内容になりそうではあるので、興味本位で近づかないようにしましょう!

会場付近は封鎖される予定なのですが、当日までに普通の道でやっているデモもあるので注意です。

反対運動まとめでした。

参考・画像:

独ハンブルクで大規模デモ、G20サミットに抗議  Yahoo!ニュース

トランプ米大統領がドイツ批判、独は関係の重要性を強調 │ ロイター通信

Zum G20-Gipfel wird Hamburg Demo-Stadt │ NDR.DE

“G20-Protestwelle” plant weitere Großdemo │ NDR.DE

Protestieren ja, übernachten nein – aber was sind “Ruherückzugszonen”?