「やりたくないことから逃げる」は悪なのか?

ABOUTこの記事をかいた人

ローカルな旅と南デンマークを愛する北欧ツアーコーディネーター。毎日をちょっと特別に。

    逃げないことや困難に立ち向かうことが美徳とされているこの社会。

    たまたま見かけた大手メディアの記事でも嫌なことから逃げないために……というような記事が書かれていました。

    純粋に疑問なんですけど、逃げることってそんなにダメですか?

    たしかに、自分で決めたやるべきことから目をそらすことや、今置かれている現実から逃避することは、良い行動とは見られません。

    ここで言っているのは、自分を苦しめるものから距離をおくということです。

    身の危険を感じる、生活がおびやかされる、極端に拘束される、精神的に無理をする…… そういったものから「逃げる」ことはまったく悪くないと思います。

    ここ最近、まわりからも言われるくらいストレスフリーになりました。それはやりたくないことに時間を割くのをやめたから。

    先の見えない環境や人間関係を頑張って改善しようとするよりも、自分がその場から離れた方が100倍はやく精神的な苦痛からは解放されます。

    以前、仕事を辞めたことで人生捗った経験もあるので、ここでは仕事のことを中心に書いていきます。

    試練=乗り越えなきゃいけない!と錯覚してるだけ

    こんな経験ありませんか。

    • こんな業務本当はやりたくないけど新人だから我慢しなきゃ
    • 会社の飲み会いきたくないけど参加しろって言われた
    • 嫌いな人だけど我慢して一緒にいなきゃ
    • 仕事つらすぎるけどすぐに辞めたらいけない

    悩みますよね。私も会社の飲み会にいくいかないかで人間関係に影響するとか考えちゃってました。心理学者のアドラーも「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」といっています。

    でもこれは誰かに強制されたことなのでしょうか。

    ちがいます。

    全部自分の思い込みです。

    自分がいなくても仕事も飲み会も進んでいくんです。

    自分の中で勝手にこの状況を乗り越えなきゃいけないと錯覚しているだけで、別にやらなければ死ぬとかではないと思うのです。人の目を気にした謎の責任感ですよね。合わない人は合わないし、無理なことは無理です。

    苦しい&ためにならないことをやっても仕方ないので、私なら断ります。
    本当に無理だと思うなら環境をかえましょう。

    乗り越えなきゃいけない壁だと思っているものは、回避してみると案外たいしたことなかったなと後から思います。どうでもいい人や物事のことで頑張るって意味あるんでしょうか?

    相手はあなたじゃなくても別にいい。

    あなたにとってもそんな相手や場所じゃなくてもいいのです。

    私も大学生の頃は無理して周りに合わせていた時期がありましたが、いまは飲み会はよほど仲の良いメンバーじゃないと行きませんし、自分の苦手分野をどうにかして克服しなきゃとは思っていません。

    後悔なんてしてない

    嫌なことから逃げるといわゆる「逃避癖」がつくとか、あとで後悔するとかいわれています。

    たしかに諦めるハードルが極端に低いと自分があとから困りますが、キャパシティも人それぞれあるので周りがとやかく言って追いつめるのはおかしい。

    後悔する人は、本当はそれがやりたかったからじゃないでしょうか。

    私はひたすら嫌だったことから逃げたことに関しては後悔していません。

    はじめての居酒屋アルバイトは1か月で辞めました。人間関係が理由です。他の人には大したことじゃなくても私には続けられませんでした。辞めた時は、もうここに来なくてすむという解放感が大きかったです。

    みんなが頑張っている中いなくなったことで、逃げたと認識され批判されました。

    周りが当たり前にできていることが自分にはできない。
    そんな劣等感で一時的に後悔はしたのかもしれません。

    ではその状態をもっと続けたかったのかというと絶対にNOです。
    あれ以上続けても消耗するだけでした。

    なんでそこまで無理しないといけないのでしょう。とりあえず3年は同じ仕事続けろとか無理です。とりあえずってなんやねん。

    逃げたら負け犬扱いされる風潮こそが悪なのではないでしょうか。

    自分の貴重な時間と労力は、自分を消耗させる相手のためのものじゃありません。
    どうせなら好きなことに使いたい。
    このことは過去記事でもいっていますが時間は有限なので。

    私はむしろ自分の興味のある編集や取材の仕事をなんでもっとはやくからやらなかったのか後悔してます。

    自分にとって最適な環境へ

    逃げたらそのあとはどうなるのでしょう。

    去年はドラマ『逃げるは恥だが役にたつ』が人気でしたね。
    もともとはハンガリー語のことわざで、自分の戦場で戦えって意味だそうです。

    強みがいかせないところでくすぶっている場合じゃありません。
    得意分野で戦える場所や、合う人を見つけるのが大事です。

    私は同じ居酒屋バイトでも、大学1年から卒業まで続けられた場所もあります。

    楽しかったから。一緒に働く仲間がよかったからです。

    同じ職種でもとりまく環境がかわれば自分の負担もかわります。
    どうかここが唯一!だと思わないでください。

    可能性はいくらでもあるんですから。

    そして本気で逃げたいならはやめに逃げましょう。

    自分のためにも相手のためにもなります。
    さんざん逃げてきたけどいま幸せな人のつぶやきでした。