寝込みは襲うし、自分も周りもハッピー。デンマーク式誕生日の祝い方

ABOUTこの記事をかいた人

ローカルな旅と南デンマークを愛する北欧ツアーコーディネーター。毎日をちょっと特別に。

Happy birthday to me!!!

25歳の誕生日は、デンマークで迎えました。週末を利用して行ってきたのですが、ハンブルクの近くで本当に良かったなと感じています。

昨日は高校留学の時にお世話になったデンマークのホストファミリーがささやかに祝ってくれました。25ってわざわざかいてくれてる(泣)

kagemand

誕生日の時に食べられる人形のケーキ、Kagemand(カイヤマン、ケーエマン)です。

ホストマザーによると、食べる時にはまずこの人形の首を切ってから他のところを切りわけるらしい。残酷かよ。

 

急に連絡して行ったにも関わらずケーキまで用意してもらい、本当感謝しかありません。

 

さて、今回は誕生日にちなんでデンマークでの誕生日の祝い方について書きます。

昨日も祝ってもらいましたが、特に高校留学していた時に迎えた18歳の誕生日は、忘れられない思い出なので。

 

歌で起こされる朝

デンマークの誕生日は、朝一番で歌いながら誕生日の人の部屋に突撃するところから始まります。

 

忘れもしない2010年5月1日の朝。

まだ早い時間だったのですが、部屋の外からコソコソ声が聞こえてきたので軽く目が覚めました。

「Are you ready…? Let’s go… 」みたいなこと言ってたと思います。

その直後 扉がバアアン!と勢いよく開いて、誕生日ソングを歌いながら部屋に入ってくるホストファミリー達。

 

いやいやいや、なにこれ。寝起きドッキリ?

なんかベッドに乗っかって揺らしてくるし。楽しそうだし。

ホストブラザー(当時12歳)とか子供だけど体大きいから地味に重かった。

 

家族総出で乗り込んできたので何事かと思いましたが、デンマークの誕生日の立派な伝統でした。

人によってはお隣さんや友達が参加する場合もあります。

伝統的には朝食とプレゼントを持って誕生日の人を起こし、ベッドで朝ごはんを食べさせるという習わしのようです。

 

国旗大好きすぎるデンマーク人

デンマークでは、誕生日の時には家に国旗を掲げます。

この国旗、実はめでたい行事の時にはしょっちゅう掲げられてます。

下記のような伝説があるからか、縁起がいいとされているようです。

伝説では1219年6月にヴァルデマー2世がエストニア軍との戦いの最中、空から降ってきたとも、ローマ帝国皇帝からこの旗を授かった処、それまで苦戦していた戦いが形勢逆転し勝利したとも伝えられている。

Wikipedia『デンマークの国旗』より

 

家に掲げる以外にも、誕生日の時には学校やオフィスの机の上にミニ国旗が置かれてたりします。

ケーキにもびっしり。ごり押しです。

こういった国旗デザインの爪楊枝やらお皿やらは、スーパーやTigerで売ってます。

可愛いし、手軽なお土産になりそう。

 

にしても、どの家庭も当たり前のように国旗と、それを掲げる用のポールがあるんですよね。

ナショナリズムというよりは、そういう慣習のようです。

 

ケーキは誕生日の人が自分で用意するよ!

学校や職場で、誰かが誕生日だと嬉しいです。

何故なら、誕生日を迎える人がみんなのためにスイーツをもってきてくれるから。

 

デンマークの高校に留学していたころ、誰かの誕生日にはみんなで歌をうたって、それから誕生日の人がケーキやチョコなどを振る舞ってました。

私もそれにならって、自分の誕生日にはケーキを焼いて学校に持っていきました。

 

地味に大変だったのが、クラスの人数分のナプキン・フォークとケーキを切るようのナイフを一式自分で用意することでした。荷物の多さがね。

その代わり、誰か誕生日の時は毎回おいしいものが食べられたのでみんなハッピー。

自分の誕生日の時は、友人を呼んでホームパーティーを開いたりします。

必ずしもケーキを焼いたりする必要はないのですが、誕生日の人がみずから何か振る舞います。

主役はあくまでおもてなしする方。友人たちは歌やプレゼントで祝ってくれます。

 

 

個人的には経験がないのですが、誕生日でほかに伝統的なのは

  • 何層にも重なったLagkage(ラウケーエ)というケーキを食べる
  • 家族や友人が歌をプレゼントする
  • 25歳の誕生日までに結婚しないとシナモン、30歳までに結婚しないと胡椒をかけられる
  • 10年ごとの区切りの誕生日を盛大に祝う
    30, 40, 50, 60など。これは日本も一緒かもですね。

私自身も7年前と昨日で、デンマークでは2回素敵な誕生日を迎えられました。

……昨日シナモンかけられなくてよかった。