ハンブルクのレンタル自転車「StadtRAD」は30分無料!自転車通勤で経済的ピンチを切り抜けた話

ABOUTこの記事をかいた人

ローカルな旅と南デンマークを愛する北欧ツアーコーディネーター。毎日をちょっと特別に。

みなさんは自転車通勤って憧れますか?(唐突)

私は憧れてました…… 満員電車に乗らなくていいし、交通が混雑することもないので時間も自分の好きなようにコントロールできるし。

でもまさか、ドイツのハンブルクで所持金3ユーロ(約360円)になり、やむなく自転車通勤することになるとは。

今月はさまざまな支払いが一気に重なり、クレジットカードをバンバン使っていたことが原因です。ハンブルクにはまだ来たばかりなので家賃と敷金、定期代、語学学校の授業料などなど。

気づいたら今月の利用限度額にほぼ達してました。買い物しまくってたわけじゃないのに、悲しい。

銀行口座をまだ持ってないので、クレジットカードが使えないとATMで現金も引き落とせません。決算されて再び利用できるようになるのが5月。食費と職場までの交通費をなんとかしないと…と考えに考える私。

職場に行くのに毎日往復分のチケット買うだけでも1週間でお金が底をつきてしまいます。うーーーーん、非常に困った。

そんな時、街中で見かけたのが30分間無料のレンタル自転車「StadRAD」。これで30分以内に職場につけばいいじゃないか!と思ったのでした。

前置きが長いですがここからが本題です。

レンタル自転車「StadtRAD」を早速使ってみた

ハンブルクにはStadRADと呼ばれる真っ赤なレンタル自転車があります。街中に機械のターミナルがあり、乗ってから30分以内に返せば無料。30分からは1分ごとに8セントかかります。

走りだしてから30分以内にどこかのターミナルによって一度返却処理をし、また借りてしまえば、いくらでも乗り続けられるという画期的なサービスです。

仕事が始まる前日に、実際に使えるか試してみました!

まずは家から近いターミナルでクレジットカード情報を機械に登録→個人情報入力→借りたい自転車を選択、で完了。

30分をこえたら自動的にクレジットカードからひかれてくシステムのようです。絶対返すけど。街中にあるターミナルの所在地がチェックできるので、職場に近いところまでレッツゴー!

stadtrad2

見ての通りめちゃくちゃターミナルは多いです。30分でたどり着く自信がなかったら途中でどこかのターミナルによればOK。

早速乗ってみましたが、サドルの高さは調節できるし自転車は選べるし、乗り心地も悪くない!

先月語学学校に通っていた時はずっと電車通学だったので気づきませんでしたが、自転車だとまた違ったハンブルクの景色が見えてきました。

駅からはアクセスしずらい綺麗な川辺、ちょっと怪しい細道、道路沿いの自然公園。色んな景色をかけぬけながら、ギリギリ30分で職場近くのターミナルに返せました。

それから2週間は、毎日このレンタサイクルで通勤して交通費を浮かすことに成功。

毎日が時間との勝負でした。30分経ちそうになったら違うターミナルでいったん降りて、また乗るという工夫も覚えましたし。

さすがにもう今は通勤には使いませんが、時間に余裕がある時にはまた使いたいと思ってます。

1つのクレジットカードで2つまで同時に自転車を借りることができるため、お友達と一緒に乗っても楽しいかも。ハンブルクに来ることがあったらぜひ一度使ってみてほしいです。

自転車で周るハンブルクの楽しさを知れた体験でした。

ではまた~

スポンサーリンク