ハンブルクのレンタル自転車は30分無料!自転車通勤でピンチを切り抜けた話

ABOUTこの記事をかいた人

ローカルな旅と南デンマークを愛する北欧ツアーコーディネーター。毎日をちょっと特別に。

人間はピンチになるほど知恵を絞るものだ。

私はといえば、お金が無さすぎて困っていた。

こんにちは、つい昨日まで所持金あと3ユーロ(約360円)しかなくて大変困ってました。

終わった……。別に買い物しまくったわけでもないのになんでこんなことに???

クレジットカードという罠

今月はさまざまな支払いが一気に重なり、クレジットカードを使う頻度が多かったのが原因です。

ハンブルクでの家賃と敷金、ボランティア先とハンブルクの往復の電車賃、それに語学学校の授業料。
ドイツでの銀行口座を持っていなかったので、ATMで現金下ろすにもクレジットカードを使います。

油断してました。
気づいたら今月の利用限度額にほぼ達してました。

銀行口座がないということは、クレジットカードがないと何も出来ない状態なのに。

現金が引き出せない、カード払いもできない。
日本の口座にお金は入ってるのに使えないのは相当やばい。

クレジットカードが決算されて再び利用できるようになるのが5月。
それまでに使える金額はあと15ユーロ(約2000円)でした

食費と職場までの交通費をなんとかしないと…と考えに考える私。

職場に行くのに電車で片道2ユーロはかかる。
毎日往復分のチケット買うだけでも1週間でお金が底をつきてしまいます。

交通費に全部つかってしまったら何も食べられないし、非常に困った。

そんな時、街中で見かけたのが30分間無料のレンタサイクル。

使わない手はない!と思ったのでした。

早速使ってみた

stadtrad

ハンブルクにはStadRADと呼ばれるレンタル自転車があります。
街中に機械のターミナルがあり、乗ってから30分以内に返せば無料。

30分からは1分ごとに8セントかかります。

途中でどこかのターミナルによって一度返却処理をしてからまた借りれば、いくらでも乗り続けられるという画期的なサービスです。

仕事が始まる前日に、実際に使えるか試してみることに!

さいわい新しい家からそんなに遠くないところにターミナルがありました。
まずはクレジットカードを機械に登録→個人情報入力→借りたい自転車を選択、で完了。

30分をこえたら自動的にクレジットカードからひかれてくシステムらしい。
ふーん……。絶対返すわそんなん。

街中にあるターミナルの所在地がチェックできるので、職場に近いところまでレッツゴー!

stadtrad2

見ての通りターミナルめっちゃあります。

30分でたどり着くかわからないけど、とにかくやってみました。

うん、乗り心地も悪くない!

先月語学学校に通っていた時はずっと電車通学だったので気づきませんでしたが、自転車だとまた違ったハンブルクの景色が見えました。

駅からはアクセスしずらい綺麗な川辺、ちょっと怪しい細道、道路沿いの自然公園。

色んな景色をかけぬけながらギリギリ30分で職場近くのターミナルに返せました。

 

これは使える(確信)

 

それから2週間は、毎日このレンタサイクルで通勤して交通費を浮かすことに成功。

毎日が時間との勝負でした。

時間がギリギリなときは、違うターミナルでいったん降りて、また乗る。

ドイツで口座を作り、日本の口座からいくらか振り込めてお金の心配がなくなったので、今は電車通勤です。

30分以内に返すために立ちこぎしすぎて疲れました。

さすがにもう通勤には使いませんが、時間に余裕がある時にはまた使いたいと思ってます。

 

ハンブルクに来ることがあったら是非一度使ってみてほしい。

自転車で周るハンブルクの楽しさを知れた体験でした。

 

ではまた~